News

2016年09月19日

この時期『動き過ぎ』や『食べ過ぎ』に注意

あの猛暑はどこへいったのやら・・・だんだんと秋に近づいてきましたね。

この時期は、夏の暑さの疲れが出やすい季節です。また、気温も涼しくもなってきて、身体も動けるようになってきますが・・・

アーユルヴェーダでは、9月10月はヴァータの乱れやすい季節といわれています。

そして、ヴァータが増えたことによって、ピッタも増えてしまい、連動してカパも乱れがちな、ちょっとやっかいな季節です。

9月~10月前半にかけて、台風シーズンはヴァータが増加し、それによってピッタがもっとも乱れやすくなる状態です。

10月後半~11月にかけては、季節の変わり目からヴァータを乱し、それに伴って、ピッタ・カパと、すべてのドーシャが乱れやすい時期になってきます。この時期は、夏に最低だった体力や食欲が上がってきて無理をしがちになります。

体力が上がってきたとはいえて動き過ぎて無理をすると、ピッタがとても乱れます。そんな時、皮膚に毒素が溜まっていた場合、皮膚に炎症を起こしたり、ヘルペスや帯状疱疹(ヘルペス)を発症したりしますので要注意。

また、夏バテで食欲がなかったのが、涼しくなってくると食事が美味しく感じて、ついつい食べ過ぎてしまったりします。

すべてのドーシャが乱れている時は、アグニの火(消化力の火の力)も不安定です。そんな時に、うっかりと食べ過ぎると、すぐにアーマが身体の中に溜まってしまします。

そんな時はヨガやウォーキング等が最適です。

涼しくり過ごしやすくなったからと言って、くれぐれも『動き過ぎ』や『食べ過ぎ』に注意をして、さわやかな秋を迎えましょうね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Wind hill (ウィンドヒル)
http://www.windhill-studio.com/
住所 : 東京都港区白金台5-2-5トランドゥ白金台402
TEL : 050-3553-4005
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇